Startup Weekend Education Oakland (11/6~8)

Startup Weekend Education Oaklandのピッチの見学をしてきました。

Startup Weekend Oaklandとは、週末の54時間で初めて会ったメンバーとチームを構成しアイディアベースからブレストを始め、シリコンバレーEdtech界で名だたるコーチ、メンターの指導の元、プロトタイプを作りビジネスプランも練って、日曜日の夜に最終的に審判の元各チームプレゼンをして勝者を決めるコンテスト。チームは教育に変化を起こしたい熱いメンバー、教育関係者、デザイナー、ディベロッパー、保護者、生徒、ビジネスAdmin系(NPO/企業)など多岐に渡るメンバーから配置されます。実際に入賞したチームは商品発売に向け、主に下記の特典が得られます。

  • 地元Oaklandの教育財団からの全面サポート
  • Edtech界一流Startup accelerator ImagineK12との面談
  • アメリカの教育イノベーター向け4.0 Schoolsプログラム参加のスカラーシップ
  • アプリデザイン無償支援
  • 1ヶ月Co-working space提供
  • etc.

過去のStartup Weekend Educationの勝者の卒業生は、下記のようなサービスを既にビジネスを始め提供しておりEdteh界で注目を集めてます。

  • Talking Points前回Startup Weekend Edu Oaklandの勝者。Google Impact Challenge Bay AreaでもFainalistとして250K$獲得。
  • Epic: SF Startup Weekend EDUの勝者、実際にOaklandでGamificationを取り入れたユニークな革新的な学校を600K$の賞金を獲得し設立。(実は筆者も先週この学校を訪問しました。)
  • Fantasy Geopolitics: World newsのSocial game アプリ。
  • Mathchat : 算数学習アプリ
  • Vidcode: 10代女子向けCoding

今回、筆者は日曜夜のピッチ(プレゼン)の傍聴のみ参加してきて各チームの54時間の集大成を聞きにいってきました。どのチームも秀逸で大人向け教育(Higher Education) と 幼稚園〜高校生向け(K-12)向けEducationに分かれ、全14チームのピッチの発表会が行われました。

たった54時間の限られた時間であるのに、どのチームも市場調査もきちんと行い、実証されたプローフに基づいて仮説を作り、問題解決のための提案である、革新的な教育サービスを発表していました。5分間のプレゼン時間に加え、Edtechリーダーである*審査員によるQ&Aセッションで鋭い質問に対して的確に回答していってました。

(*審査員:BrightBytes, Learn Capital, Rocketship education 各リーダー)

全体としては、やはりBusiness modelの説明部分でいかにマネタイズするかについて審査員も厳しく突っ込んでおりほとんどのチームも限られた時間の中でrevenueプランを練るのに悩みに悩んでいるといった姿が印象的でした。

下記個人的に面白いなと思ったサービスのピッチです。

  • Parent Connect: 保護者に特技関心を登録しボランティアや寄付などコミットしてもらう学校とのマッチングサービス
  • Trending Edu: 教育者がCommon Coreに沿った教育コンテンツをキュレートし配信。生徒からLikeをもらう
  • Learn Mail: 大人向け英語Literacy向上のためのメールサービス
  • Edhost: 教育×Airbnb のコンセプトを導入した、ホストサービス
  • MindfulK12: 現在注目されるMindfullness教育に沿って、*Social Emotional Learning機会提供する教育サービス (*Social Emotional Learningとは、自己と他者の心情理解、思いやりを持ちコミュニケーションを円滑にするスキルで21世紀スキルの重要な要素として現在のアメリカの初等教育で高い関心が持たれています。)
IMG_2084 (1)
ピッチの様子

今回の優勝者は、Stanford Edu 修士生がリーダーを務める「MindfulK12」のチームでした。

的確にアメリカの初等教育で注目されているトピックであるSocial Emotional Learning(詳しくは、こちらご参照http://www.cfchildren.org/second-step/social-emotional-learning) とMindfulness を取り入れており、今までEdtech企業が参入してきていない分野ということも高い評価につながったようです。実際に商品化されるのを見るのも楽しみです。

やはり、Edtech業界でこれだけのバックアップ体制が出来上がっているエコシステムはシリコンバレーならではでしょう。新たなアイディアを実際に商品化まで強力にサポートし、イノベーションが生まれていきます。教育業界は保守的と言えますがシリコンバレーにきて、意欲的な学校の先生たちにお会いする機会が多くありました。今回のようなビジネスピッチコンテストも学校の先生の貢献は大きいと言えます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中