21世紀の学校教室のデザインとは?

21世紀の教室デザイン:スターバックスの空間?

スターバックスコーヒー店内をイメージしてみると、各々が読書をしたりPCに集中したり、ソファ席に座りたい人はそこに行き、机と椅子が必要でもっと集中したい人は静かな場所へと自由に移動していきます。

誰かに席を指定されることなく、自分で一番良さそうなところへ移動していきますよね。

starbucks

スターバックスの空間では、様々ある選択肢の中から個人が選択をし、

“どこで座るのが一番最適か”と考えて移動をしています。

21世紀型教育では、実社会での問題解決をし自ら選択していくことが重視されていますが、

従来型のずらっと30人の生徒が列に並んだ席のレイアウトでは、実社会とはかけ離れた空間ですし、固定された席で一日中座らなくてはいけず、生徒に選択肢を十分に与えているとはいえないでしょう。

そこで、従来の集団教育型のレイアウトから脱却し、実社会に近い形で生徒自身が学習するのに最適な場所を選ばせ、生徒に席の選択肢を与える柔軟な席の配置が採用される動きが出てきています。

これがスターバックスの空間が出している“自ら選択肢を持って席を選ぶ”というコンセプトが理想に近い形となっています。

生徒主体の教室レイアウト

edutopia-wade-visualizing21stCclassrmdesign
参照:Edutopiaより:Visualizing 21st century classroom design

アメリカの先生コミュニティの中では、21世紀型教室デザインの要素は5つあると言われています。

  1. スペースを区切る
    • 全体集合できるスペースを設ける。(クラス全体会や、小規模な講義する場合。)
    • 作業スペースを設ける。(個人、ペア、大人数で作業する状況に応じた区切り。)
  2. 生徒のアクセスのしやすさを優先
    • 全生徒にとってフレンドリーで、教室の道具の配置がされているか。
  3. 生徒にモビリティツールを与える(Tech ステーション)
    • 内向的、外向的などあらゆるタイプの生徒が学習を深め、成果を発表できるツールの選択肢を与える。
      • 例)タブレットやノートPCなど自由に使えるTechステーションを設ける
  4. クリエイティビティスペースをつくる
    • 生徒がクリエイティビティを形にできる場、Maker Space(メイカースペース)をつくる
    • 自由に生徒が休み時間などを利用して訪問できるようできるだけオープンにする
  5. 生徒の個性を尊重する
    • 生徒個人の内的モチベーション(何にパッションを感じるのか)を引き出してあげる
    • 生徒と一対一の関係性を大切にする
    • 授業の最後に必ずまとめや振り返りの時間を持つ。生徒たちが何を得たのか、ということを引き出してあげる。

シリコンバレーの学校の教室

シリコンバレーの21世紀型教育を推進する学校では、まさにこの”生徒主体”で、”スターバックス型”の教室のレイアウトが導入されています。生徒たちが決まった席ではなく毎日、自分の座りたい席に選択し自由に移動していきます。

これまで筆者が見てきた学校の教室のレイアウトを紹介したいと思います。

Altschool (幼稚園〜小学高学年)

Altschool は、以前の記事で紹介したように、革新的マイクロスクール(少人数制 / 年齢混成 / 個人のパーソナライズ学習)の方式をとる学校です。 Altschoolではモンテッソーリに基づき生徒に自ら選択肢を与え自分の学習目標に責任を持たせ、校舎内すべての中でそれぞれ最適だと思う部屋やスペースに移動することを推奨しています。

thumb_IMG_3397_1024
Altschool Palo Alto校舎  自習 / コラボレーションスペース

こちらの写真では、手前の机は生徒が必要だと判断したときに移動できる自習スペースです。”Voice Level 0″とシールが貼られ、このスペースでは声のレベルは最小限(つまり話してはいけない)にするよう生徒自身にルールを課しています。

一方、奥のホワイトボードがあり壁にポストイットが貼ってあるスペースは、”Voice Level 1″ とし、相手が聞こえるだけの声を出すというスペースとしています。ここでは課題などを生徒と協力しながら進めていけるスペースになっています。

きちんと自分の学習したい内容に沿って、状況に合わせて、周りに気を遣い声のトーンを調整することは、実社会の中でまさに大人が日常で行っていることです。

Prospect Sierra(幼稚園〜中学)

East Bayに位置するPrivate SchoolのProspect Sierraでは21世紀型教育、少人数制を取り、CreativityやEmpathy(共感)を重視し未来の社会でコラボレーションしていける人材育成を目指します。Maker Spaceを導入し自由にモノづくりに励むことができたり、Artの充実も測りSTEAM教育に力を入れている学校です。

DSC01329
3年生の教室。先生はむしろファシリテーター。

奥のスペースでは先生が待機し、生徒がわからないことがあったら質問に行きます。

DSC01328
活き活きと先生の講義を聞く生徒たち。手前の生徒は一人で集中。

Prospect Sierraでは、基本的には先生の講義を聞いた後、生徒たちが主体となってプロジェクトに取り組むスタイルを取ります。先生から講義(質問なども)を聞くスペースと自習、コラボレーションスペースと柔軟に区切られ、生徒たちが自由に自分のペースで移動していました。

DSC01323
従来型の「机」というより、テーブル。

生徒たちのコラボレーションスペースは、テーブルで円を囲んで議論がしやすいような工夫がされていました。

ちなみに、こちらがここの学校のMaker Space (メイカースペース)です。生徒たちの作品のプロトタイプ(試作品)が置かれています。ここでは休み時間はいつでも来て作業して良い、ということにしたり、放課後のクラブ活動で使われています。

DSC01341

21世紀型教室デザインの効果

生徒に選択肢を与え、個のポテンシャルの成長を最大限にする工夫がされている21世紀型教室デザインですが、

実際のところ、アメリカではまだ、少人数制の授業を実施できるほど余裕が持てない学校も多いですし、従来型の教室のレイアウトからの脱却や資金調達も難しいという学校が多い現状となっています。

しかし、こんな状況の中、コストをかけることなく、21世紀型の教室デザインのリフォームに成功した意識の高い先生の事例などもシェアされるようになり、シリコンバレーだけでなく、全米の中でも草の根活動のムーブメントが起こっています。

参考記事: North Dakotaの2年生の先生がStarbucks型の教室にデザインした記事

新たに席のスタイルを変えることで、授業の質に変化がうまれ、下記のような効果が出てきているとのことです。

確実にリフォーム後で生徒の学習効果や先生の意識改革にもつながり、より意味のある授業が展開できるようになったとのこと。もう昔の席の配置には戻れない、と先生も話しています。

21世紀型教室デザイン=大人が生きる実社会

従来型の席のレイアウトでは生徒は一方向を向き、先生の許可がないと動くことも許されません。教室の空間では、まるで100年前の時代と同じような隔離された空間となってしまっています。

教室の外では、まさに技術革新が進み、大人たちは早いペースで意思決定をし、Globalな環境で無限な選択肢がある社会を生きています。

実社会と大きく離れてしまった空間で、一体どうやって生徒たちは未来の問題解決をし、よりよい世界のため意思決定をしていけるのでしょうか。

日本の教室は21世紀デザインに変えていくべきか

日本では、2020年に、全小学校プログラミング教育必修化やICT機器の導入など従来の方針から大きく進化する内容へ変更されます。この新学習指導要領方針が徐々に明らかになってきています。発表

  • 新しい時代に必要となる資質・能力を踏まえた教科・科目の新設や目標・内容の見直し
  • これらの新しい教科を、主体的・対話的で深い学び「アクティブ・ラーニング」へ学習プロセス改善

とあり、より一層、学びのプロセスの変化が重要となっていきます。

授業スタイルは学びのプロセスを変化、改善させ、プロジェクトベース、生徒主体とシフトしていく必要があることは明らかです。

programing3

また、未来の子どもたちが必要となる資質や能力について、

「情報を読み解く力、情報技術を手段として使いこなしながら、論理的・創造的に思考して課題を発見・解決し、新たな価値を創造する力、感性を働かせながら、よりよい社会や人生の在り方について考え、学んだことを生かそうとする力」

と言及し、実社会での問題解決をし主体的に動く力が求められていくと文部科学省の方針として発表しています。

社会の問題解決をしていき、実社会で生かしていく力を養うためには、教室の中が実社会と乖離した空間ではこのスキルを生徒たちが習得し実践することは難しくなっていくでしょう。

実社会に近い形で生徒たちに選択肢を与える環境と、生徒の学びのプロセスを大きくシフトさせていくことが日本の学校でも必要になってくると思われます。

教室のレイアウトを変えることで、「形から入る」ということにはなりますが、これで大きく生徒・先生のマインドが変わっていったという成功事例がアメリカから出てきています。

日本のカルチャーと適合するスタイルかどうかは検証が必要となってくるとは思いますが、日本の教育の良いところ(生徒の態度の良さやしつけ)と上手に組み合わせ、日本から未来を見据えた教室デザインの成功事例が出てきて、21世紀型教育が日本の教室で実践されることを願っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中