VR教育分野への応用-注目VR/AR教育企業編

学校現場と密着 注目VR/AR教育企業

前回の記事では、アメリカ教育現場(学区/学校)でVR/AR教材を導入する上での今の反応と課題点についてお伝えしました。

そこで今回は、学区/学校の先生達からの支持を得ながらも着実に導入事例を増やしている注目VR/AR教育企業、サービスを紹介したいと思います。

今の時点では現カリキュラムの中に埋め込みやすいこともあり、バーチャルトリップ(バーチャル社会科見学)やSTEM (Science, Technology, Engineering, and Math) 教科系コンテンツが中心に、学校現場で導入事例を作っています。

<バーチャルトリップ系コンテンツ提供企業>

– Nearpod

  • 教科:360° バーチャルトリップが主。デジタルリテラシーやサイエンスなども充実。
  • 特徴:先生向け教材作成、査定ツール充実 / 低価格プラン(学校/学区 1,000ドルよりライセンス購入)

nearpod

さきほどのJaime先生が活用していると紹介したNearpod社です。低価格プランとバーチャルトリップ系の豊富なコンテンツからVR教材の初心者〜中級レベルの教育コミュニティのプラットフォームを着実に築いています。

先生が自身でVR教材を作り生徒とインタラクティブなやりとりができ、それぞれのコンテンツに授業の目的や先生用の解説も充実しているなど、生徒の学習効果の査定もしやすいツールとなっています。

how-it-works-graphic

– Google社 Google Expeditions

  • 教科:バーチャルトリップ中心
  • 特徴:低価格Cardboard、ネット接続無しでも使用可能

Googleが提供するGoogle Expeditionsは、専用のGoogle Cardboard(20ドル以下で安価)使用、インターネット接続がない場合も専用ルーターでバーチャルトリップを教室で手軽に実現します。

博物館や深水の中、宇宙といった景色に加え、Googleがプロデュースするアートとカルチャーの専門機関Google Cultural Instituteのパートナー提携している世界中の美術館/博物館が協力のもと、詳細に富んだアート作品の教育コンテンツを制作します。

先生のサポートとしては、Google for Education Training CenterでExpeditionの授業プランの例や解説が充実しています。また、他の先生が作ったLesson planもグローバルでオープンでシェアされているなど先生同士の情報交換も可能にしています。

<STEM教育系コンテンツ提供企業>

STEM (Science, Technology, Engineering, and Math) 系や難易度の高い教科の分野を提供する企業も出てきています。特にサイエンスや数学といった分野は、テキスト上では難易度が高く挫折してしまう生徒が多い教科とも言われていますが、3Dにすることでより生徒の興味喚起を引き出し、学びを没入型にすることで習得を効果的に促します。こちらはVR中級〜上級レベルの先生向け対象かもしれません。

– Zspace

  • 教科:主に生物などSTEM教科に特化、”バーチャル実験室”で生徒のグループワークも図る
  • 特徴:”バーチャル実験室”を学校に丸ごと設置 /ホログラフィックの深い本格没入学習 / 各アクティビティプラン、スタンダードに準拠したカリキュラムの充実

Screen Shot 2016-07-15 at 5.28.49 PM

Zspaceはシリコンバレーに拠点を持つ、2007年に設立された3Dの技術、開発力に誇る会社です。(関係者によると、軍事の技術提供していたバックグラウンドも持っているとのこと。)

K-12(小学〜高校)向けに特化した”バーチャル実験室”をまるごと学校に設置するサービスを展開します。この専用のディスプレイ、コンピューターのセットを使い、3Dメガネと専用のペンと一緒に使いながら、ホログラフィックなオブジェクトを扱い、生物の解剖実験で一つ一つの臓器の皮をはがしていったり、生きたままのカエルの心臓を取り出したり、車のエンジンの仕組みの細部を組み立て実験するなど、現実の世界では生徒が到底経験できないような(危険を伴うような)専門的な実験をバーチャルでハンズオンで取り組めます。このリアルなクオリティは各種メディアで取り上げらるなど注目を浴びています。

先生が導入しやすいよう、全米・各州のスタンダードと準拠した授業プランとアクティビティ(学年別・教科別)も用意されます。これによって、すでに授業で取り扱う内容のある部分をこのバーチャル実験室に置き換える、という形が取れます。

生徒同士でバーチャルでグループワークも可能となっているところが、一人の世界に没頭しがちの他のVRコンテンツと差別化できるポイントでしょう。1台のコンピューターで2,3人の生徒が一緒に取り組めるような仕様です。

すでに全米で約100の学区がZspaceの”バーチャル実験室”を設置済みで、全米教育コンファレンスISTEにも出展し全米の先生の注目を引きつけるばかりでなく、アメリカ国外でも導入する学校が出てきているとのこと。

DSC03025
ISTEコンファレンスで展示、デモが行われていたZspaceの専用ラボデバイス

Zspaceはクオリティの高い、本格没入次世代型学習を提案していますが、専用バーチャル実験室を丸ごと設置となると予算面のハードルが大きいでしょう。1つのラボで13のコンピューターセットと先生用のプロジェクターが含まれ値段は7万ドル(約700万円)とのことです。但し学区の契約内容によって価格は変動していくとのこと。

– Lifeliqe

  • 教科:主にSTEM教科 (生物/植物/地理/物理/幾何学)
  • 特徴:有名大学との教育コンテンツ共同開発 / タブレットでインタラクティブな操作可能

Screen Shot 2016-09-04 at 11.37.29 PM.png

Lifeliqeは、サンフランシスコ発の若いスタートアップの会社です。今年、VRハードウェア・プラットフォームのHTC Viveのオフィシャル教育コンテンツパートナーとして提携を発表しました。

STEM教育分野のバーチャルコンテンツに特化しスタンフォード大学など有名研究機関と共同開発し、クオリティの高い教材コンテンツ作りを目指します。生物、物理、幾何学などの教科ですでに1,000以上のインタラクティブなモデルがあります。

直感的な操作を通して、生物の細かい詳細まで見たり、AR (Augmented Reality 拡張現実)でオブジェクトとインタラクティブなやりとりを通し生徒が積極的に学ぶ体験をひきだすことを目的としています。(擬似実験など)

タブレットでの使用もできるので、Zspaceと比べ比較的安価に導入が可能ともいえそうです。

現在は無償トライアルを提供しており、学校への販売導入はおそらくこれから本格的に開始していくという段階ですが、ハードウェアのHTC Viveの提携がLifeliqeの成長をどのように促進していくのか動向が楽しみです。

すでに始まってきている企業と学校の連携

以上、前編では今のアメリカ教育現場のVR/ARに対する反応をお伝えし、今回の投稿では注目企業の取り組みも見てきました。

アメリカの教育現場では、まだVR/ARを活用する学校はかなりの少数派ですが、すでに先進的な学区ではバーチャルトリップやSTEM教科関連のコンテンツをカリキュラムに反映し活用され始めています。企業側も学校側に使ってもらえるようなサービス提供を展開しており、企業と学校が連携し始め、VR/ARの教育分野のマーケットを共に創り上げてきていることがわかってきたと思います。

日本と異なり、アメリカでは公立学校は各学区ごとに教材購入の意思決定をするシステムを取ります。今は、VR/ARに関心の高い学区が企業と連携し助成金を得るなどし購入し導入している状況といえるでしょう。企業もアンテナの高い学区へアプローチしていく動きが盛んです。そこでいずれ徐々にツールが活用され始め、生徒の学習効果がどのツールが最適なのか、と先生からの評判が良いツールが勝ち抜いていく、と予想されます。(これはVR/ARに限らず一般的なEdTechツールにも当てはまるといえるでしょう。)

今後さらに充実したコンテンツが出てくることは間違いないので、動向を今後もアップデートしていきたいと思います。

広告

VR教育分野への応用-アメリカ教育現場今の反応編

VR教育分野への応用-次編

前回、VR教育分野への応用というテーマで記事を投稿し、VR/AR技術を教育分野へ展開していくことについては、学習者の誰を対象とし、学習体験をしっかりデザインしていくかが重要であるとお伝えしました。

特に、教育現場の先生に実際に学校で活用されるようには、世界で最も忙しい職業といわれる先生の時間を節約することができるのか、今まで実現出来なかった学習体験の質を上げていけるのかが大事なポイントとなります。

DSC03003

VR/AR アメリカの一部の学校へ活用され始める

まだVR/ARを活用する学校はアメリカではかなりの少数派ですが、すでに先進的な学区ではバーチャルトリップやSTEM教科関連のコンテンツをカリキュラムに反映し活用され始めていていることを最近知りました。

そこで今回の記事では、今のアメリカ教育現場で導入されている”VR教育応用事例”をアップデートしたく、主に下記2つの投稿に分けて紹介していきます。

  1. アメリカの先生たちのVRに対する今の反応。(※今回紹介)
  2. 先生たちの支持を上手に獲得する注目VR/AR教育企業。(※次回紹介)

アメリカの先生たちのVRに対する今の反応:

アメリカの先生の60%が”VRを教室に導入したい”と回答 / そのうち2%の先生が実際に導入済み

learn-1468406_960_720

VRハードウェア”Gear”を開発するSamsung社が行った独自調査によると、教育現場から特に先生からのニーズが着実にでてきていると言われています。(参考記事

  • アメリカの小学〜高校の先生1,000人のうち60%がVRを教室で導入したいと回答
  • 現状ではそのうちの2%の先生が実際に導入済みという結果。
  • 生徒自身にVRコンテンツを作らせたいという関心も高まってきてる

この調査の対象となった先生1,000人がどの程度のテクノロジーの習熟度があるかということは不明ですが、半分以上の先生がVR導入について前向きに検討したいという回答です。

2%の先生がすでに導入済みということですがこのVRが、どこまで本格的に作り込まれたコンテンツを教材として導入しているのか、というところも厳密に定義はされていません。(例:マルチデバイス対応の3Dコンテンツなども含まれる場合もある。)

また、生徒にVRコンテンツ制作をさせたいという関心については、最近、Unityなどプログラミング言語を使ってVRゲームコンテンツ制作を子供向けに教える課外授業コースも出てきているなど、エンターテイメントのコンテンツで世の中で3Dが続々と出てきている中、生徒が日常的に触れ合う機会が増えてくるので、VRコンテンツに学校でも触れ合えるようにしたいという関心も出てきているのでしょう。

VR導入している先生の事例:

ここで、すでにVRコンテンツを学校の授業に導入している先生の例をご紹介したいと思います。

今年6月、デンバーで開催された、全米最大教育者コンファレンスである、ISTEで出会ったテキサス州の中学校で教壇に立つJaime先生です。(※さきほどの調査で2%の先生が導入済みという結果だったので出会うことができ貴重な存在です。)(※ISTE参加レポートはこちら

DSC03002
ポスターセッションで来場者にプレゼンするJaime先生

Jaime先生は、コンファレンス当日のポスターセッションで、”VRの教室での導入例”というテーマでご自身のベストプラクティスを紹介されていました。彼女の授業では、VR教材コンテンツを自然機構や歴史建造物などのバーチャルトリップ(バーチャルな社会科見学)のものを使用しているとのことです。

このバーチャルトリップのコンテンツを通して、テキサスの教室にいながら中国の万里の長城などの歴史的跡地に行けたり、雪を見たことがない生徒にとって雪山や氷山という自然気候を体験することができます。

Jaime先生によると、生徒たちは教科書を読むよりも3Dコンテンツの没入体験をしたほうがより好奇心を持ってやる気のある姿勢を見せる、とお話していました。実際の目で見ることに価値があるような社会科見学を教室で手軽にできるということは大きなメリットのようです。

 

Screen Shot 2016-09-04 at 12.38.00 AM

今の時点では、バーチャルトリップがVRを使った上で学習効果がわかりやすい

Jaime先生は今はまだバーチャルトリップのコンテンツをメインに授業に取り入れていますが、今後もっと別の科目でも応用できないか模索していきたいとコメントしていました。

今の時点では、このバーチャルトリップが教育現場で現実的に導入する上で、一番効果が見えるし生徒の反応がわかりやすい。これからもっと多様なコンテンツが出てきてくれることを楽しみにしている。

現時点で学校の先生にとってもVRを使った授業の例で効果がわかりやすく、生徒の反応や学習効果が見えやすいという点で、「バーチャルトリップ」のコンテンツはVR初心者〜中級の先生の入門教科といえそうです。

VR/AR教材導入の課題

しかしながら、Jaime先生のように最新テクノロジーを教室で導入するのは、至難の技といえるでしょう。アメリカの先生の中でも意識の高い先生が頑張らないといけないという状況で、まだ難易度が高いです。ISTEに参加した先生達も、うちの学校にもVR教材を導入したいけれども、ハードルが高くて今はまだ無理かな、と言っている方が多くいらっしゃいました。

そこで、今のアメリカの教育現場でVR/AR教材を学校へ導入するにあたっての課題を以下にヒアリングのもとまとめてみました。学区や学校が導入承認をするにあたって、下記の課題をクリアしているかどうかがポイントとなりそうです。

– 課題1:予算獲得のハードル

Jaime先生は、予算にシビアな学区を説得しなんとか承認をこぎつけて契約購入ができた、と苦労話を語っていらっしゃいました。

日本と異なり、アメリカでは公立学校は各学区ごとに教材購入の意思決定をするシステムを取ります。学区の予算の承認については、まだ必修科目が優先されている現状とのこと。VRを活用した授業は、まだNice to have (あったら良いな、という程度で必須ではない。)という程度のものなので、どうしても優先順位としては下にきてしまいます。

Jaime先生が使うVRコンテンツは、Nearpod社が提供するもので、単体コンテンツが3ドル以下など、比較的安価で購入ができ、月額プランもあるとのこと。学校や学区特別割引なども用意しているそうです。Screen Shot 2016-09-04 at 7.31.12 AM

ゴールドマンサックスによるVR/ARについての産業サマリーデータによると、VRコンテンツの教育にあてられる費用は、2025年までに年間1人生徒あたり50ドルが支払われると予測が出ています。(現在では学校が負担する教材費用年間1人生徒あたり平均ドル244ドル

– 課題2:現カリキュラムに置き換えられるかどうか

先生達は日々の授業進行とカリキュラムに沿って生徒の査定をしていかなければいけません。VRを授業に取り入れるためだけに、現カリキュラムと関係のない内容を取り扱わなければならない、またはその授業を実施するためだけに様々な準備と研究に時間を費やさなければならないとなったら本末転倒です。

今の段階では、現カリキュラムの中で、この内容を3Dで行ったら効果があるのではないか、という所を部分的に取り入れることが肝となってきそうです。

VR/AR教育企業にもこういったカリキュラムやレッスンプランの活用例を用意されているかどうか、が先生が期待するポイントとなりそうです。

– 課題3:先生が使いこなせること

VR/ARのツールを導入し、実際にそれを使用し授業のファシリテート運営をしていく先生が使えないとなると本末転倒です。先生が導入しやすいわかりやすい操作が可能かどうか、先生のトレーニング内容が充実しているかどうか、がポイントとなりそうです。

学校と密着するVR/AR教育企業の存在

以上、VR/AR教材の学校への導入にあたっての課題を見てきました。

VR/AR教材を学校に導入してもらえるよう営業をかける側の立場に置かれる企業にとっては、学区に予算承認が下りやすい価格プランや現カリキュラムに沿った教材パッケージ、先生用トレーニングのサポートなど、先生から支持を得るために様々な工夫をする必要が出てくるでしょう。

そこで、次回の投稿ではこの分野で着実に評判を上げている注目企業を紹介したいと思います。