大統領選挙後のいま、私たちが子どもたちに話すべきこと。

大統領選挙発表後、全米教師たちに向けられたメッセージ

昨日 11月8日、アメリカ大統領選挙で共和党トランプ氏が勝利しました。この夜は多くの大人たちが絶望、悲観など様々な感情を過去にない程表現しました。トランプ氏が唱える”Make America Great Again” 、憎しみがベースとなった経済の保護主義、移民、外交政策を進めアメリカはどうなるのだろう。多くの大人たちが絶望する中、未来の社会に生き抜く子どもたちにこの状況をどう説明したら良いのか。教育関係者にとどまらず親である大人たちは頭を抱えた瞬間でした。

そんな中、選挙発表の夜、人種平等教育専門家Ali Michael氏が「いま、私たちが子どもたちに伝えるべきこと」として全米の教育関係者、大人たちに向けた記事をHuffingtonpostに掲載しました。(記事原文)

トランプ政権になった後でも、大人として子どもたちに伝えるべきこと。教育者でもありマイノリティ(社会的弱者)の立場のAli氏のメッセージによって昨夜、どれだけ多くのアメリカの大人たちが子どもと向き合う自信をもらったことでしょう。

私自身も彼女の訴えに心を動かされました。富裕層が多く住むカリフォルニア州サンフランシスコに住み1年。同じ国家でありながら地域によってここまで価値観に差が開くものなのか、必ずしも自分が属する地域が国のコンセンサスではないこと目の前で経験しました。イギリスのBrexit(EU脱退)以上に、ショックを受けました。そして、これはアメリカとイギリスに留まらず、世界的に起こり得る現象なのではないか。貧富の格差は日本でも広がっており(2015年OECDの調査で日本の貧困率15%)アメリカの現実は日本の将来にも起こり得るのではないか、と考えました。

いま混沌期のアメリカで訴えられている、将来を背負う子どもたちに伝えるべきこと。それを日本の教育関係者、保護者である大人たちへ向け発信すること。それが私がわずかながら貢献できることなのではと思い、今回著者のAli氏に承諾を得て、彼女のメッセージ全文日本語訳しました。

(以下、訳です。)

Child Holding up Hand

大統領選挙後のいま、私たちが子どもたちに話すべきこと。

-まずあなたたちを守ると伝えましょう。-

By Ali Michael 博士(教育コンサルタント、作家、映像作家)

「もし、トランプが勝ったとしたら選挙のあと私は生徒たちになんて言ったらよいだろう?」ある校長先生が最近私にきいてきた。良い質問ですね。私たち教師、大人は子供たちに何を伝えたらいいのだろう?

まず第一に、私たちはあなたたち生徒を絶対に守るということを伝えてください。

アメリカには、民主的な過程があって、たった一人の意地悪な人が大きな危害を与えられないようになってるということ。私たちはこの民主的な過程を絶対に守り通して、トランプが選挙活動中にしてきた多くの嘘の約束を実行できないようにするということ。

第二に、選挙の結果は受け入れないといけないけど頑固な偏見には、立ち向かわなければならないことを話してください。

偏見は民主主義の価値でなく、あなたの学校では許されないことを伝えてください。あなた自身がイスラム系の家族たちの味方になること。同性愛者の保護者やゲイの生徒たちを守ること。黒人の家族たち、女子生徒たち、メキシコ系の家族たち、障害を持つ生徒たち、移民の家族、トランスジェンダーの生徒たち、ネイティブアメリカンの生徒たちを援助するということを伝えてください。そして、それらの生徒たちを傷つけたり、国外追放しようとしたり、脅迫する人たちには絶対に彼らに近寄らせないということを話してください。あなたは学校のコミュニティとして団結して立ち上がることと、互いを守りあうことの大切さを生徒たちに教えてください。

そして、沈黙でいることは危険だということ何か間違っていると感じたときは声を上げることを教えてあげてください。どうやって声に出し、一人一人を愛し、互いに理解しあい、共に争いを解決し、時に対立しあうけど多様性に富んだイデオロギーのなかでどのように生活していくのかを教えてあげてください。また、これらのことができていない世の中で生きていくための術を教えてあげてください。

第三に、文明社会の一員として責任をもつことを教えてあげてください。

誰かを言い負かすためではなく、相手を理解し理解されるために、正しい話し合いかたの基礎を教えてあげてください。生徒たちには事実を確認する方法、情報源を比較すること、当たり前と思われている仮説をも問いかけること、彼ら自身が自然に持ってしまっている偏見を知り、他者からのフィードバックを歓迎すること、お互いを問い詰めることを教えてください。また、私たちは生徒たちに愛と尊厳を保ちながら反対することを教える必要があります。これらのスキルはこれから先の数ヶ月、数年のなかですべての人の人権を守る民主的な社会を作り上げる上でとても貴重な財産になること。政府機関の協力や抵抗があろうがなかろうがに関わらず。

最後に、トランプに投票した人たち全員が彼の偏ったものの見方に賛同しているというわけではないことを生徒たちの気持ちを落ち着かせ理解させてあげてください。

彼に投票したほとんどの人たちは経済に不満を感じていて社会的に孤立感を覚え追い込まれたた結果、ひとつの権利を行使したにすぎないということ。私たちはトランプと支持者たちを試していくべきです。彼らの恐怖とその恐怖によって引き起こされた偏見の間を区別しなくてはいけないことを問い詰めるべきです。

実は、この悲劇的な選挙の直後、私はこのような形で声をあげたことをためらっています。この一年、このようなブログを投稿したがために、私は嫌がらせのメールや白人至上主義者からの殺人の脅しなどを受けていました。「このようなブログ」というのも、正直に言いますと、ほんのわずかな力しかない人間の個人的な意見のことです。私は危険な存在ではありません。しかしながら、私が人類がみな自由にアイデンティティを十分にだすことができる世界をつくりあげるべきだという考えを表現したことに対して、私と私の家族を脅迫してきた人たちもいます。私はこの種の脅迫行為はトランプが勝利したあとにもっと増えてくるのではと恐れています。これが、送信ボタンを押す明日には、勝利に勇気付けられたトランプ支持者等が意見の合わない人たちへの非難や攻撃を広め、もっと悪い状況になるのではと恐れています。

しかし、たとえそうだとしても、トランプ勝利を目前にしている今この瞬間、私が唯一安全に感じるのは、声を上げ、意見を述べること。そして他の方にも同じようにすることを呼びかけることです。

以上

広告

大統領選挙後のいま、私たちが子どもたちに話すべきこと。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 大統領選挙後のいま、私たちが子どもたちに話すべきこと。 – 21st century 教育のかたち

  2. ピンバック: Futuristが考える教育の未来ビッグアイディア – 21st century 教育のかたち

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中