About this blog

このブログは、“人の学び” のあり方をテーマに、サンフランシスコ在住筆者のアカデミックライフを中心とした気づきなどを取り上げていきます。

テクノロジーの進化により人は知識を習得することがこれまで以上に容易になりましたが、実際にまだ世の中には未解決の問題が溢れています。これから人はどのように得られた知識を組み合わせこれまでになかった領域をベンチマークし解決案を模索し続け試行錯誤していけるのか? このように学びのあり方が次のステージへと進化される時代にきているのだと筆者は考えます。

このブログは、教育者として、生徒、子供たちのための”学びのあり方”を考えていらっしゃる方。学生、社会人、生涯学習者としてご自身のための”学びのあり方”を考えていらっしゃる方に向け発信していきたいと思います。

現在筆者は、ミネルバ大学 (Minerva School)マスターコース(修士課程) へ第1期生として日本人としても初めて進学中で「応用分析と意思決定」 (Applied Analyses and Decision Making) を専攻中です。そこは主に、上記のような未解決分野に向けて問題解決していけるような”専門家兼ジェネラリスト”を養成していくコースとなっています。

ミネルバ大学は2014年に開校されたサンフランシスコを拠点とする総合大学です。既存の大学が抱える課題を解決することを設立背景としシリコンバレーのベンチャーキャピタルから資金調達後、ハーバード大学をはじめとするアイビーリーグの学長、学部長らを参画に巻き込み設立されたスタートアップの大学です。すべての才能ある学生が未来の社会で活躍できる実践的な知恵を適切な学費で提供する大学です。

筆者が専攻するコースは全てオンラインで実施され100%アクティブラーニングの授業となっています。これまでの知識習得型の授業ではなく、得た知識をどのように応用するのか思考する過程を授業内で発信することが求められます。(試験はなく授業中での思考の過程の発信が成績の評価となっています。)

今後更新を予定しているコンテンツは以下のようなものです。

  • ジェネラリストのあり方
  • アクティブラーニングの実態
  • 21世紀型スキル
  • 多国籍生徒のコラボレーション
  • サンフランシスコ(シリコンバレー)ご当地ランダムトピック

ご意見、お問い合わせなどありましたら、お気軽にメールにて、お問い合わせください。

橋本 智恵

21stedujapan@gmail.com

広告

About this blog」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Silicon Valley | 21st century 教育のかたち

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中